hdd認識しないなら業者に依頼しよう~ラクラクファイル送信~

周辺機器

ビデオカメラのデータ

オフィス

講演会やセミナー、新人研修などの様子をビデオカメラに記録する企業が数多くあります。ビデオカメラなら、映像と音声の二つを同時に記録できるので、手軽だからです。また、文字に起こして記録するよりも見返すのが簡単です。その場の臨場感や緊張感などもビデオカメラならそのまま記録できるので、記録用媒体としては非常に優れているといえます。しかし、そのビデオカメラからデータが消失してしまったら、記録が失われるだけではなくさまざまな業務に支障をきたす恐れがあります。記録係にとってデータの消失は最も大きなミスなのです。パソコンやタブレットなどのデータを復旧させるのと同じように、ビデオカメラのデータ復旧を行なうことも可能です。そのため、万が一ビデオカメラの記録映像が消失してしまった際は、業者に依頼してデータ復旧を行ないましょう。

ビデオカメラのデータが消えてしまう理由には、さまざまなことが考えられます。一つは、「故障」です。落下や水濡れによりビデオカメラは壊れてしまうことがあります。また、古くなったビデオカメラなどは破損しやすいので、大事に扱っていても電源が付かないといったトラブルが起きます。二つ目は「誤作動」です。過去の記録映像を閲覧している際、誤作動によりデータを削除してしまったり、パソコンなどにコピーするのを忘れたまま、ビデオカメラ本体のデータを消してしまったりする誤作動がデータ消失の原因です。また、誤作動には誤って上書き録画してしまうことも含まれます。どの理由でもデータ復旧業者に依頼すれば、手軽に改善することができます。そのため、ビデオカメラのデータを消失してしまった際は、データ復旧業者に依頼すると適切です。